ヨガティーチャーにとっての両輪、ヨガのスキルとそれを教えるスキル。落とし穴を回避するために

「ヨガティーチャーがヨガ以外に学ぶべき大切なこととは?」
「単にヨガをする人と、ヨガティーチャーの決定的な違いは?」
「どのTTCを選ぶべきだろう」

ヨガティーチャーになるために学ぶべきことはたくさんあります。そのひとつである「教える技術」。ヨガティーチャーが「教える技術」の捉え方をまちがえると、ある落とし穴におちいってしまいます。

今回の記事を参考にして、ぜひそうした落とし穴を回避して、生徒さんに選ばれる人気のヨガティーチャーとなっていってください。また、TTC選びの決めてに迷っている場合にも、きっとこの記事が役に立ちます。

ヨガティーチャーの仕事

ヨガティーチャーの仕事を端的にいえば、ヨガをお伝えすることです。ティーチャーが得てきたヨガの知識や技術をつかって、生徒さんにヨガをお伝えしていくことが仕事です。つまり、大きなくくりで分ければヨガティーチャーとして行なうべきことは、この2つといえます。

  • ヨガの知識や技術を得ること
  • それを生徒さんに伝えること

ヨガティーチャーには、どちらも大切です。

ヨガの知識や技術は多いに越したことはありません。だからみなさん、ヨガの研究に励んだり、情報を収集したり、より上のレベルのTTC(ティーチャートレーニングコース)で学んだりと、自己の研鑽とレベルアップを目指します。そうして得たヨガの知識や技術を、今度は生徒さんに伝えるわけですね。

落とし穴

  • ヨガの知識や技術を得ること
  • それを生徒さんに伝えること

これが、ヨガティーチャーが行なうことですが、この2つは別物として区別して捉えるべきものです。一見、区別して当たり前に思えるかもしれませんが、ときにこの区別が曖昧になってしまうことがあるようなのです。

ヨガの知識や技術をたくさん得れば得るほど、ヨガを上手に教えられるようになる

そう思いがちです。でも、「たくさんのヨガの知識を持っていること」と、「それを上手に教えられること、伝えられること」は、実は別のことなのです。

そこが落とし穴です。ヨガの知識や技術が多ければ多いほど、上手に教えることができると思い込み、教える技術を磨かずに、ヨガの知識や技術の習得だけに励んでしまうのです。

たしかにヨガの知識が増えれば、教えられる内容は増えます。しかしヨガの知識が増えることで、教え方が上達するかというと、それは違います。

生徒さんにいらしていただくためには、教える技術を高める必要があるヨガティーチャーが、そのことに気づかず、ヨガの知識や技術のさらなる習得にだけ注力し、それでも生徒さんが来なくて立ち往生してしまう。

それが落とし穴なのです。本来励むべきは、そこではないのかもしれません。どんなに難易度の高いアーサナができるようになっても、ヨガの知識が増えたとしても、教えること、伝えることが上手にできなければ、生徒さんは他のヨガティーチャーを選ぶのです。

教え方を磨くことも大切

ヨガティーチャーにとって、ヨガの知識や技術と同じぐらい大切なのが、教える技術、伝える技術です。どんなにたくさんの知識を持っていたとしても、難しいアーサナができたとしても、教え方が上手でなければ、生徒さんにしてみたら「良い先生」ではないのです。

ですから、教える技術もヨガと同様に磨いていくべきです。アーサナの研究をするように、どうすれば伝わりやすいか、どうすれば理解してもらえるか、教え方、伝え方の研究をするのです。そして、聞き取りやすい声が出せているか、表情のつくりかたや立ち居振る舞いは適切か。そういったことまでもが、その対象です。

ヨガの技術や知識を得るとともに、こうした教える・伝える技術を磨くことも忘れずに行なってください。この両方がそろってこそ、生徒さんにより選んでいただけるヨガティーチャーになっていけるのです。

まとめ

ヨガティーチャーにとって、教える技術の習得はヨガの習得と同じぐらい大切なこと。ヨガの知識や技術を得れば得るほど教えることも上手になるという落とし穴におちいらないようにしましょう。

これからTTCを選ぼうと考えているなら、教える技術、指導法がどのように組み込まれているかという点も、よく確認してください。本来からすれば、指導者を育成するプログラムなら、教え方・伝え方の指導は不可欠なものといえます。現在TTCを検討中であるなら、ぜひ充実したヨガ指導法のセッションがあるかどうかも選定のポイントにしてください。とても大切なポイントです。

参考

当アカデミーのRYT200プログラムは少人数制で、ひとりひとりの生徒さんにコミットし、ヨガティーチャーとしての指導法を3週間かけてしっかりと学んでいただきます。きっと、週を追うごとに成長しているご自身を実感できるでしょう。

ヨガ ヒーラー アカデミー ハワイのRYT200プログラムのカリキュラムはこちらをご覧ください。

カリキュラム説明

 

お知らせ:RYT200プログラム説明会(8/26 東京)開催

全米ヨガアライアンスのRYT200に登録ができるRYT200プログラム(ヨガリトリート)の説明会を開催いたします。ハワイでのヨガ留学にご興味のある方、ヨガティーチャーを目指している方、RYT200の取得を目指している方、ぜひご参加くださいませ。当アカデミーのアキ校長もネット経由で登壇します。
日時は2018年8月26日(日)11:00です。

RYT200プログラム説明会の詳細(2018年8月26日)

 

関連記事

  1. ヨガティーチャーとしてどこを目指すか。そして前進し続けることが大切

  2. 人気のヨガティーチャーになることを夢見つつも、不安で一歩が踏み出せない…

  3. 私らしく私にしかできないレッスンを届けたい。それを叶えるには

  4. ヨガティーチャーという仕事、その本質

  5. 心穏やかなあなたでいるために、人生をより豊かにするヨガの叡智を

  6. 競争は不要。理想のヨガティーチャー像を目指しベストを尽くす

最近の記事 おすすめ記事

メール登録するとブログ更新がメールで届きます。

ご感想一覧
メールマガジン