心穏やかなあなたでいるために、人生をより豊かにするヨガの叡智を

「過去の出来事が頭から離れずに、心穏やかでいられない」
「未来に対する漠然とした不安がある」
「なぜか、次の予定ばかりが気になり『いま』をおろそかにしてしまう」

忙しい現代人であれば、このように感じることも多いのではないでしょうか。

そんなときにヨガの実践がきっと役に立ちます。ヨガはポーズをとるだけではなく、よりよく生きるためのエッセンスや叡智をたくさん受け取ることができます。今回は、そのひとつをお伝えします。この記事を読んでぜひより良く生きる取り組みをしていただければ幸いです。

マインドは不在がち

マインドは未来へ

ヨガレッスンに参加しているときに、

「このレッスンが終わったら、アレして、その次はあそこに寄ってアレ買って・・・」
カラダはヨガレッスンを受けているのに、マインドは未来へ行ってお買い物の真っ最中

このような状態でヨガが上の空ではその時間を心から楽しんでいるとはいえないのかもしれません。もしそうだとしたら、せっかく時間をつくって参加しているヨガレッスンがもったいないです。

そして、時間が過ぎ実際にその買い物のシーンになってみたら、そのときにはマインドはさらに未来、たとえば帰宅後にしようと思っている予定のことへと移っている。これでは、お買い物も楽しんでいるとはいえません。

このように、マインドが「いま」ではなく「未来」に行ってしまうと「いま」を心から味わうことができません。極端にいうと、マインドがいつも「未来、未来」となっている人はいまを生きていないことになってしまいます。

マインドは過去へ

逆に、私たちはマインドが過去へと行ってしまうこともしばしばあります。

たとえば、昨日友だちとケンカをしてしまい、そのことがどうしても頭から離れずに、そのときのシーンが頭の中でなんどもなんども反復される。そのたびに、また腹を立てたり、悲しくなったり落ち込んだり。カラダはヨガレッスンを受けているのに、マインドは過去へ行って友だちとケンカをし、心を乱している。

こうした状況も「いま」を味わうことから私たちを遠ざけています。

つまり、私たち人間は意識しないでいると自動的にマインドが未来や過去へと行きがちなのです。そうなると、せっかく楽しむために参加したヨガも、心ここにあらず。先生のことばも上の空になってしまいます。それではヨガの楽しさも醍醐味も半減です。

いまこの瞬間にとどまる

カラダはいつだって「いまこの瞬間」に存在しています。この瞬間を楽しむには、マインドも「いま」にとどまっていることです。

マインドが過去や未来へと行ってしまう「マインドの不在」は、意識しないでいると自動的に起こります。ですからマインドを「いま」にとどめておくには、それを意識する必要があるのです。意識的にマインドを「いまこの瞬間」にとどめておくのです。

いま、この瞬間にとどまることで、過去の後悔してしまうような出来事や苦しかった経験などで心を乱されることから解放されます。未来への不安や心配といったことからも解放されます。

すると、この瞬間に心穏やかな自分でいることができます。いまを生き、この瞬間この場所を心から味わい楽しむことができます。

ヨガレッスンだけでなく、日々の生活においても「いまこの瞬間」にとどまれば、心穏やかな自分でいることができます。

たとえば、海外の海辺で素敵な景色を眺めているとき。カラダはその場所にいたとしてもマインドが日本に帰ったあとの仕事のことで慌ただしくしていては、せっかくの景色も楽しめません。そんなとき「いまこの瞬間」にとどまっていたら、

頬をなでる風の感触、心あらわれる波の調べ、どこか懐かしい潮の香り

そういった「その瞬間その場所」でしか味わえない空気感や雰囲気などを五感すべてで感じ、味わい、楽しむことができるのです。

それが、いまを生きるということです。

アタ(Atha)

いまこの瞬間にとどまることを、ヨガでは 「アタ」 といいます。ヨガを通して、過去でも未来でもないアタにとどまり、いまこの瞬間にあなたがいるその場所でおきていることを味わい、楽しむ。

ヨガはより良く生きるための実践法です。その教えのひとつがアタにとどまることなのですね。アタにとどまることで、きっとあなたの人生がよりステキに彩られていきます。

まとめ

私たちのマインドは過去や未来へと行きがちです。過去の行動に対する後悔、未来への漠然とした不安。そうしたものに心乱されがちで、いまこの瞬間を楽しめない状況になります。過ぎてしまった過去や、まだ起きていない未来に心を乱されるより、いまを生き、いまを味わい、いまを楽しむ。そんな時間が多いほど、人生は豊かだといえるのではないでしょうか。

ヨガを通して、ぜひアタにとどまることを意識してください。よりステキな、そしてより豊かな人生となりますように。

参考

当アカデミー(ヨガ ヒーラー アカデミー ハワイ)が提唱するプラーナチャクラヨガ(TM)は「豊かな人生を目指す全ての人のためのヨガ」であり、いまこの瞬間にとどまる「アタ」をとても大切にしています。

そのためのトレーニングもTTC(ティーチャートレーニング:RYT200プログラム)の中で行なっていきます。もし、アタを体験・実践したいと思うなら、ぜひ当アカデミーの卒業生さんのクラスに参加してみてください。お問い合わせをいただければ、お近くの卒業生さんをご紹介させていただきます。

あるいは、当アカデミーのRYT200プログラム説明会(無料)でもアタを感じることができます。説明会では、当アカデミー校長のアキ・タニダ・ソラーノがネット経由で登壇し、呼吸のワークを行ないます。そこで、アタにとどまる体験をしていただきます。機会がありましたら、ぜひRYT200プログラム説明会にご参加ください。

 

お知らせ:説明会(RYT200プログラム)11/23 アキ校長登壇

全米ヨガアライアンスのRYT200に登録ができるRYT200プログラム(ヨガリトリート)の説明会を東京都渋谷区にて開催いたします。今回の説明会には当アカデミーのアキ校長が登壇することが決定しました。ハワイでのヨガ留学にご興味のある方、RYT200の取得を目指している方、ぜひご参加くださいませ。
日時は2018年11月23日(金:勤労感謝の日)10:00です。

RYT200プログラム説明会の詳細(2018年11月23日)

 

関連記事

  1. ヨガの学びの質を高め仕事としてずっと楽しむ。そのコツは効果的な息抜き

  2. TTCテキストはヨガティーチャーのパートナー。その有効活用法

  3. ヨガティーチャーにとっての両輪、ヨガのスキルとそれを教えるスキル。落と…

  4. ヨガティーチャーになるためのヨガ歴。その指針は?

  5. ヨガティーチャーという仕事、その本質

  6. ヨガティーチャーを目指すなら知っておきたい、ヨガビジネスの大切なポイン…

RYT200プログラム説明会(11/23)
最近の記事 おすすめ記事

メール登録するとブログ更新がメールで届きます。

ご感想一覧
メールマガジン