ヨガ留学への出発準備の6つのステップ(アメリカ編)

ヨガ留学先としてハワイ、カリフォルニア、ニューヨークなど、アメリカが人気です。そこで今回は、米国へのヨガ留学の準備についてお伝えいたします。これを読めば安心して米国へのヨガ留学の出発準備ができます。

準備の流れ

アメリカへのヨガ留学の準備は、おおよそ次のような流れです。

  • 航空券の手配(自分で手配するスクールの場合)
  • パスポートの準備
  • ESTAの申請(有効期限のチェック)
  • 現金の準備
  • 保険の加入
  • 持ち物の準備

航空券の手配(自分で手配するスクールの場合)

航空券の手配までしてくれるヨガ留学と、航空券を自分で手配するヨガ留学があります。自分で手配するとなると、不安に感じることもあるようです。当アカデミーでのサポートにおいても、海外への航空券の手配が心配という声をお聞きすることがあります。

しかし、航空券の手配はそんなに難しいものではありません。航空券の手配に関してはこちらの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

これだけ知っていれば大丈夫。ヨガ留学のための航空券の手配

パスポートの準備

海外へ行くにはパスポートが必要です。パスポートをまだ持っていない場合と、既に持っている場合とに分けて解説します。

パスポートを持っていない場合

パスポートを持っていなければ、申請して作る必要があります。申請から受領までに1週間程度かかるとのことですので、ヨガ留学を決めた時点で早めに作っておくことをおすすめします。

なお、申請や受領の方法などの詳細は外務省のホームページをご参照ください。

「パスポートの申請から受領まで」(外務省)

パスポートを持っている場合

ビザ免除プログラムでアメリカへ渡航する場合、パスポートの次の2点を確認しましょう。

  • Eパスポート(IC旅券)であること
  • 有効期限:米国入国日から少なくとも90日以上残っていること

なお、ビザ免除プログラムに関する詳細やパスポートの有効期限についてなどは在日米国大使館・領事館のページでご確認ください。

ビザ免除プログラム(在日米国大使館・領事館)

ESTAの申請(有効期限のチェック)

ビザ免除プログラムで米国に渡航する場合には、ESTAの申請が必要です。登録する内容は、申請者のパーソナル情報、米国内での滞在先住所などです。それをWebサイトの登録フォームに入力して申請します。なお、申請の際には申請料として14ドル(クレジットカード決済のみ)が必要です。

ESTAの有効期限は2年です。以前申請したことがある場合には申請から2年が経過していないか確認をしましょう。またパスポートの有効期限が切れた時点でESTAも無効になります。最後に渡米した後にパスポートの有効期限が切れた場合には、新しいパスポートを取得した後にESTAの再申請が必要です。

ESTAの申請や既存の申請内容の確認はこちらのページから行なえます。

公式ESTAの申請

なお、ESTA申請に関する詳細は在日米国大使館・領事館のページでご確認ください。

ESTA(エスタ)申請(在日米国大使館・領事館)

現金の準備

米国滞在に必要となる米ドル現金を準備します。アメリカはクレジットカード社会ではありますが、それでも現金はある程度必要です。そのために金融機関やその他の外貨両替窓口で、日本円現金を米ドルに両替して持参しましょう。両替窓口は空港にも設置されていることがあります。なお両替は当日の為替レートで行なわれ、円高であるほどお得になります。

現金の持参についてはこちらの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

ヨガ留学へ行くあなたへ、現金持参に関するアドバイス

保険の加入

ヨガ留学に行く際には海外旅行保険に入ることをおすすめします。なお、海外旅行保険が組み込まれているヨガ留学もありますので、留学エージェントやスクールに確認をしましょう。留学エージェントなどから特にアナウンスがなかったとしても、保険に入ることをおすすめします。

その理由はこちらのブログ記事に書きましたのでぜひご覧ください。

海外へヨガ留学に行くあなたへ、保険に関するアドバイス

持ち物の準備

持ち物に関してはヨガ留学エージェントやスクールから案内があると思います。その案内に従って準備を進めればいいでしょう。ここでは、当アカデミーのサポートにおいてお伝えしている、持っていくといいものの中からひとつお伝えします。

それはプロフィール撮影用のヨガウェアです。

ヨガ留学では日本と違った雰囲気の中で写真を取ることができます。リラックスした中で、日本では見ることができない笑顔がこぼれたり。そこで、ヨガの学びも深まり自信も出てきたころにプロフィール写真の撮影をするといいと思います。そのとき用に撮影に映えるヨガウエアをぜひ持参するといいでしょう。

まとめ

ヨガ留学の準備は大変そうだ、という印象をもしかしたら持っているかもしれません。しかし、本当はそんなことはありません。ステップをひとつひとつ着実にクリアしていけば案外すんなりできてしまうでしょう。

もちろん時間的な余裕があったほうがいいです。時間と心に余裕があれば、忘れものも防げますしね。ですからヨガ留学を決めたら早めに準備をスタートしましょう。

当アカデミーでは、日米においてご参加の皆さまへの渡航準備のサポートをていねいにさせていただいております。疑問点などがあればいつでもご質問いただける環境をご用意しておりますので、安心してご出発いただけます。

RYT200プログラム資料ご請求はこちら

あわせて読みたい記事

 

お知らせ:2019年4月RYT200 先行予約スタート

2019年度4月のRYT200プログラムの先行予約の受け付けをスタートいたしました。先行ご予約され、4月のRYT200プログラムにご参加いただいた方に、特典と素敵なプレゼントをご用意させていただきました。詳細は下記ページをご覧ください。

2019年4月RYT200プログラム先行予約の詳細

 

関連記事

  1. これだけ知っていれば大丈夫。ヨガ留学のための航空券の手配

  2. 遠足の風景を動画でご紹介(RYT200プログラム)

  3. RYT200プログラムご参加中のAKIKO YOSHIKAIさんのブロ…

  4. 2018年10月のヨガリトリート(RYT200プログラム)スタートしま…

  5. RYT200プログラムご参加中の高橋 杏奈さんのブログをご紹介

  6. ヨガスクールのカリキュラムが充実すると、卒業後のサポートが減る

最近の記事 おすすめ記事

メール登録するとブログ更新がメールで届きます。

ご感想一覧
メールマガジン