このトレーニングがあったからこそ、帰国して3日後にレッスンが出来た(しんぼ千恵さん)

新しいことに取り組むこと。それは希望でもあり、不安でもあります。それが自分にとって大切だったり、大きなことに感じると、それらはさらに大きく感じますよね。私は、決心するまでに何ヶ月もヨガヒラのホームページは見ては迷う、という日々を過ごしていました。思い切って、迷っている旨をお伝えしてコンタクトを取りました。

決断するまでに、実際にAki先生と電話で話して、お声を聞いたり、Aki先生の空気感を感じたり、不安をお話しすることで先生が信頼できるお人柄だと確信して、決心することができました。また先生の、「ヨガヒラでは、“ヨガインストラクター”ではなくて“ヨガティーチャー”になっていただきます。」と言われた言葉にも強く心が動かされました。

手厚いサポートが、迷ってる時から、そして修了した後の今でも続いていてとても心強くありがたく感じています。

寝食を共にしながらの、3週間。
私は、先生やサポートしてくださるスタッフの方々、一緒に参加したオハナのみんなと出逢えて、同じ時間を過ごしたことが一生の財産になったと思ってます。

やったことのないことへ取り組む時に出てくる、不安感や恐怖感と向き合いながら、そこを乗り越えるために心を強くして、ヨガの教えを取り入れたり、仲間に話したり、先生やサポートしてくれるfumiさんに聞いてもらったり、色々取り組みました。

そこには、いつも生徒を想う先生の気持ち・愛があって、毎食の食事を愛を持って提供してくれていたfumiさんの気持ち・愛があって、私はそれらを手に取るように感じていたのでとても安心して取り組めたのだと思います。

先生は、私たち生徒だけではなく、私たちのこれからのお客様・生徒さんにまで意識を持ってクラスをしてくださいました。そして私たちにも、これからのお客様やそのご家族のことを考えてトレーニングを受けるようにと言われていました。

その考えや先生の姿勢に、身が引き締まる気持ち、ティーチャーとしての在り方、成長していく人としての在り方を体感として感じ、感動しました。

実践型のクラス。
帰ったらすぐにレッスンが開けるようにと、実際に皆の前で、ティーチャー役になって声を出していきました。正直、はじめはドキドキ、逃げ出したい気持ちもどこかにありました(笑)なかなか地声がつかめず、声も出ず、言葉も出てこない。。。

でも週を重ねることで、次第に自分もオハナたちも変化していきました!!最後週には、ヨガヒラのFBページでヨガクラスのライブをみなで発信してしまったくらい♡♡

そしてこのトレーニングがあったからこそ、帰国して3日後に、レッスンが出来たと思います!!
夢ではなくて、本当にヨガティーチャーとして立つことが出来たのはヨガヒラの愛がたくさん詰まったプログラムにあったと実感しています。

修了したら終わりではなく、これからも、先生、加藤さん、fumiさん、オハナたちと繋がっていけることがとてもうれしいです。

ヨガヒラを選んだ自分にも感謝しています。

しんぼ千恵さんのブログです。
しんぼ千恵さんのブログ


 

お知らせ:2018年10月ハワイにてRYT200プログラム開催

次回のRYT200プログラムは2018年10月1日(月)〜23日(火)に開催です。開催場所はハワイ州オアフ島のカネオヘ地区。ただいまお申込み受付中です。

10月RYT200プログラムお申込み

 

卒業生のご感想

ご感想一覧
メールマガジン