ヨガインストラクター養成講座(TTC)を選ぶためのもうひとつの基準

ヨガインストラクターになることを目指していて、

  • ヨガを仕事としてどうやっていったらいいのだろう
  • ヨガのTTC(ティーチャートレーニングコース、ヨガインストラクター養成講座)を卒業したら、生徒さんを集めるために何をしたらいいの

もしそのような心配があるなら、その心配を取り除いてくれるTTCを選ぶことです。今回はヨガを仕事として捉えた場合のTTC選びの、もうひとつの基準について考えてみましょう。きっと、ヨガティーチャーを仕事にしたいというあなたの参考になるでしょう。

ヨガインストラクター養成講座のありかた

TTCでは、ヨガの指導法を学び生徒さんに対してヨガレッスンを提供するための技術と知識を身につけていきます。ただ、TTCを修了したときに、はたと立ち止まる人が多くいます。

どうやって生徒さんを集めたらいいのだろう」と。

これは他の多くの資格も同じでしょう。ヨガレッスンができるだけの技術と知識を身につけた。でもどうやってお客様(生徒さん)を集めればいいのかと悩む人が多いのです。

ヨガの指導法さえ身につけてもらえれば、それでいい。それもTTCのありかたのひとつです。受講者が集まるのであれば、それでTTCは成立するのでしょう。ただ、受講する側からすれば、ヨガ指導法とあわせて生徒さんを集める方法も教えてくれるとありがたいと思うものですよね。

TTC選びのもうひとつの基準

TTCの修了後に、多くの卒業生さんが同じポイントで立ち止まることがわかっているなら、その部分も補えるような構成であるほうが親切です。つまり、ヨガをビジネスとしてどのように展開していったらいいのかがカリキュラムに組み込まれているTTCです。

たとえば、TTCで教える講師がヨガティーチャーとして活躍しているなら、その仕事の進め方をカリキュラムに組み込んであったり、あるいは卒業生がたくさんの生徒さんを集めて活躍しているなら、その卒業生が登壇して仕事の進め方の実例をレクチャーするセッションがあるなどです。

そのようなTTCであれば、修了後にビジネス知識がなくて生徒さん集めに悩むヨガティーチャーにならずに済みます。TTCを選ぶ際には、こうしたビジネスに関するセッションがあることも、ひとつの基準として考えるといいでしょう。そしてその内容に関して、チェックするポイントはこれです。

  • 卒業生が実績をだしていること
  • 自分にも実践できる内容であること
  • 実践にあたり、多額の費用やヨガ以外の高い専門知識が必要ではないこと

ヨガインストラクター養成講座の説明会などがあればぜひ参加してどのような内容なのかを実際に聞いてみるといいですね。さらに、そのTTCを修了したヨガティーチャーのレッスンを受けて、可能であれば内容を聞いてみるのもいいでしょう。

まとめ

ヨガティーチャーを職業として捉えたとき、どうやって仕事を広げていくかも大切なポイントです。その部分もカバーしたカリキュラムを提供していることも、TTCを選ぶ際の基準として考えるといいでしょう。

ちなみに、当アカデミーのRYT200プログラムは開校当初から「ヨガとビジネス」のセッションをカリキュラムに組み込んでいます。内容はこちらに。

カリキュラム説明

お知らせ:RYT200プログラム説明会(6/24 東京)開催

RYT200プログラムの説明会を開催いたします。2018年6月24日(日)10:30です。詳細はこちらをご覧ください。

RYT200プログラム説明会(2018年6月24日)

 

関連記事

  1. 行動の先に望む結果が。ヨガティーチャーNatsuno Murotsuk…

  2. 都会それとも自然? メリットとデメリットから考えるヨガ留学場所選びのポ…

  3. 2週目スタート、RYT200プログラムにご参加中の皆さんの様子を写真で…

  4. RYT200プログラムご参加中の望月 千文さんのブログをご紹介

  5. RYT200プログラムご参加中の増原 千明さんのブログをご紹介

  6. 何語で習うか。ヨガ留学選びは「言語」も大切なポイント

最近の記事 おすすめ記事

メール登録するとブログ更新がメールで届きます。

ご感想一覧
メールマガジン