いかに個性を出していくかの段階へ、オアフ島RYT200プログラム3週目

ハワイのオアフ島で開催中のRYT200プログラム。ご参加中の皆さんは、200種目のアーサナを学び終え、今週は復習もかねて学んだアーサナの指導実習を行なっています。

皆さんが学ばれているプラーナチャクラヨガ(TM)は呼吸ができる全ての人のためのヨガ。アーサナの復習では、シニアヨガ、キッズヨガ、マタニティーヨガ、初心者、上級者など対象を変えながら、皆さん指導法に磨きをかけています。

幅広い方々に指導ができるようになると、対象となる方がグンと増えますね。それだけ多くの方にヨガを楽しんでいただく機会が提供できるようになります。

ご参加中の皆さんのキューイングも安定してきて、いまではどのように個性をだしていくのかを模索し、そして生徒さんとつながることの大切さに意識を向ける時期でもあります。

たくさん学び、たくさん楽しむこと。それが私たちヨガ ヒーラー アカデミー ハワイが大切にしていることです。

このブログを見ると「遊んでばかり」と思うかもしれませんね。いえいえ。 受講生の皆さんはハイレベルなヨガティーチャーとしてのスキルを懸命に高められてますよ。

そんな皆さんのへの応援を、引き続きよろしくお願いいたします。

10月RYT200プログラムにご参加された皆さんのブログ(一部)です

応援よろしくお願いします♪

関連記事

  1. RYT200プログラムでのスーパーフード食(2017年10月ハワイ校よ…

  2. 当RYT200プログラムは、ヨガビジネスのセッションも充実です

  3. RYT200オンライン説明会開催のお知らせ(4/14 夜8時)

  4. 「ヨガの先生は車椅子 ~障害があってもヨガはできる~」卒業生久実さんの…

  5. 車椅子ユーザーのヨガティーチャー久実さんのインタビュー記事

  6. ヨガ留学は、サポートの内容にも着目して選択を