新しいチャレンジと「できる」思考

内示対話のエネルギー

新しいチャレンジを思い立ったとき、あなたはどのように向き合いますか?

ときに私たちは、新しい挑戦を「不安」に思うことがあります。新しい挑戦に対して、「できないかも」って、心のどこかで思い込んでいると、それは不安に変わります。

そして不安のもとでは心・ことば・体が「できない」というエネルギーに向かってしまいます。そうなると、パフォーマンスも低下してしまい本領が発揮できず「できない」という現実を引き寄せかねません。

心と体の健康・若さ・美のためにも、心の中を変化させることが大切

以前、当アカデミーのメルマガで内示対話が信念をつくることをお伝えしました(メルマガはこちら)。自分が自分に語りかける「ことば」によって信念が形成されるのです。

だから「できないかも」をベースとした内示対話から「できる」をベースとした内示対話へ切り替えることです。「できる」ということばで自分の内側を満たすのです。「私はできる」という、いわば思い込みをつくることでチャレンジは成功へとグッと近づきます。

はじまりは心の中で

わたしたち人類が創り出したもの。たとえば、自動車も、コンピューターもロケットも、人類の偉大な発明も、最初は誰かの心の中で芽生えました。はじめはほんの小さなアイデアの種だったのかもしれません。将来どんなものに育つのかもおぼろげだったかもしれません。

アイデアの主は、心の中に芽生えたその「何か」に、水や肥料を与え、大切に育てました。そして多くの試行錯誤という「チャレンジ」を繰り返し、やがて現実の世界に開花させたのです。

そう、どんな偉大なものも、最初は人の心に芽生えた小さな小さな「何か」なのです。その「何か」を大きく育てた水や肥料。それこそが「内示対話」からもたらされるエネルギー。「私はできる」というポジティブなエネルギーです。

このエネルギーを注ぎながらアイデアの種を育て、この世界に誕生させる行為が「チャレンジ」といえましょう。あなたと、そして世界中の人々が、今よりもっと幸福・豊か・自由を手に入れるために、あなたにできること。それがチャレンジです。

そのチャレンジは、あなたのためだけでなく、この世界中の人たちのためでもあるのです。自分の内側をみつめ内示対話を活用して、あなた自身を、夢を現実にするエネルギーで満たしていくことです。それはポジティブな思い込みです。

「私にはできる」そう、あなたにはなんだってできるんです。2020年のチャレンジの種を意識して過ごしてみませんか。

「私にはなんだってできる」このことばを胸に、今日も素敵な一日をお過ごしください。

 

お知らせ:マインドフルネス瞑想会(次回は4/11 土曜日)

マインドフルネス」を体験したい。
そんなあなたのために、第2土曜日に「マインドフルネス瞑想会」を開催しています。古代インドのヨガのメソッドを融合した、アキ・ソラーノオリジナルのマインドフルネス瞑想をお届けします。
場所にとらわれない、交通費なしのオンラインセミナー(Zoom利用)です。

次回は4月11日(土)午前9時。
詳細はこちら↓のページをご覧ください。

講師:アキ・ソラーノ

関連記事

  1. ヨガティーチャーになるためのヨガ歴。その指針は?

  2. 運はどこから?幸運を引き寄せるヨガティーチャーを目指す2つのポイント

  3. 意識を少しだけ変えて、ヨガに取り組む時間をつくりだす方法。そしてあなた…

  4. 学びの記録を発信。ヨガティーチャーであるあなたを知ってもらう有効な手段…

  5. 競争は不要。理想のヨガティーチャー像を目指しベストを尽くす

  6. 受講前にTTCのことを、より深く理解するために効果的な方法とは

最近の記事 おすすめ記事

ブログ購読(更新情報)

メール登録するとブログ更新がメールで届きます。

ご感想一覧
メールマガジン