人気のヨガティーチャーになることを夢見つつも、不安で一歩が踏み出せないあなたへ

「私がヨガインストラクターになれるのだろうか。
ましてや、たくさんの生徒さんに選ばれる人気の先生になるのは無理かも」

この記事を読めば、そんな不安は無意味なものに感じるかもしれません。

カリスマと呼ばれるヨガティーチャー

世の中にはカリスマと呼ばれるヨガティーチャーがいます。マスコミなどに取り上げられたり多くの生徒さんに選ばれ、指導者としても人間としても目標にされるようなヨガティーチャーです。そうしたヨガティーチャーと、あなたとの違いは何なのでしょうか。

ひとつ考えてみていただきたいのですが、そうしたヨガティーチャーは、はじめから人気の先生だったのでしょうか。

それは違いますね。

誰にだってヨガ未経験の時期があり、初体験の瞬間があります。当然ながら、そのときはまだ人気のヨガティーチャーではありません。単なるヨガのビギナーです。

のちにカリスマヨガティーチャーと呼ばれるようになる人も、人生のどこかのタイミングでヨガと出会い、ヨガの素晴らしさに惹かれそして、あるときヨガティーチャーになることを志し、実際にヨガティーチャーになって、様々な経験をしてステキな先生になっていった。

そうした道をたどっているはずです。

あなたも同じ道の上にいる

そのステップは、あなたも同じではないですか。人生のどこかのタイミングでヨガと出会い、ヨガの素晴らしさに惹かれた。そして、あるときヨガティーチャーを志した。ほら、ここまでは一緒ですね。あなたはカリスマヨガティーチャーと同じ道をたどっています。

この先、あなたがどのような道をたどるかはわかりません。ただひとついえることは、ここまでは同じ道をたどっているわけで「私が人気のヨガ先生になれるとは思えない」といった、ネガティブな考えを持つ理由は、現時点では見当たらないのです。

ほとんどすべてのヨガティーチャーがたどった道をあなたも同じようにたどっている。その状況が「いま、この瞬間」にあるだけです。

人気のヨガティーチャーになれると思うのも自由、なれないと思うのも自由。それはあなたの心が決めることです。

もしかしたら過去の経験から「自分が人気のヨガティーチャーになれるはずがない」という考えが、あたかも本当のことのように、あなたには感じられるかもしれません。

それでも、現実としてあるのは「ほとんどすべてのヨガティーチャーがたどった道を、いまのところあなたも同じようにたどっている」という事実だけです。

「たくさんの生徒さんに選ばれるヨガティーチャーになった」という現実は、これからのあなたの選択によって引き寄せることができます。なれないかもしれない、というまだ起きていない未来を勝手に想像し、不安をつくりだしてクヨクヨしていても時間がもったいないです。

未来は自分でつくりだしていくものだといえます。だからこそエキサイティングです。逆に、未来が全てわかりきっていたら、人生は退屈に見えることでしょう。わからないからこそおもしろい。そうポジティブに捉えてはいかがですか。

ヨガが大好きなあなた、好きなことを仕事にできるのは幸せなことです。そして、それはあなたの手の届くところにあります。それを掴むために手を伸ばしつかみ取ってはいかがですか。

まとめ

「多くの生徒さんに選ばれるようなヨガティーチャーにはなれないだろう」

もしあなたがそう思っているなら、それはこれから起こる未来とはまったく関係のない過去の経験からの判断ではないですか。そうじゃない未来は、あなたの選択によってつくりだしていくことが可能です。まだ起きていない未来を不安視して思い悩む時間を、未来を切り開くために使ってみてはいかがでしょうか。

 

お知らせ:2019年4月プログラム受け付け中(RYT200)

ハワイのオアフ島(カネオヘ地区)で開催となる2019年度4月RYT200プログラム(4月2日〜24日)は現在お申し込み受け付け中です。下記ページよりお申し込みいただけます。

RYT200プログラム受講お申し込みページ

 

関連記事

  1. 競争は不要。理想のヨガティーチャー像を目指しベストを尽くす

  2. 集客の不安への対処とヨガビジネス3つのアドバイス。ヨガインストラクター…

  3. ヨガが大好き。その気持だけでヨガティーチャーには、なれる?

  4. ヨガを伝えることを仕事にしたい。でもその選択が正しいのか不安を感じるな…

  5. 過去ではなく、未来を基準にいま行動する。それが理想のヨガティーチャーへ…

  6. 理想のヨガティーチャーへと向かうためのメソッド。それはイメージすること…

最近の記事 おすすめ記事

ブログ購読(更新情報)

メール登録するとブログ更新がメールで届きます。

ご感想一覧
メールマガジン