ヨガティーチャーという仕事、その本質

「ヨガティーチャーってどんな仕事なんだろう」

  • ヨガティーチャー(ヨガインストラクター)はヨガレッスンをする仕事、ヨガ指導をするのが仕事。

表面的に見ればそうです。でもそれだけではありません。さて、ヨガティーチャーとはどんな仕事なのでしょう。今回は、ヨガティーチャーはどんな仕事なのかを考えてみましょう。

誰かの役に立つ

すべての仕事は、必ず誰かの役に立っています。誰の役にも立たないとすれば、それは仕事として成立しません。何らかの形で誰かの役に立ち、その対価として代金をいただく。それが仕事です。現在あなたがしている仕事も、そうではありませんか。

誰かの役に立っているということは、きっとその人に笑顔も届けているはずです。お客様に本当に役立ったのなら、それを受け取ったお客様はきっと笑顔になるでしょう。表情には出さないかもしれませんが、心の中はきっと笑顔です。

そして、その笑顔は伝染します。お客様本人の家族や友だち、同僚など周囲の人たちの心にも笑顔の種が伝染しています。

ヨガティーチャーも同じです

当然ヨガティーチャーという仕事も例外ではありません。必ず誰かの役に立っています。それはレッスンを受けてくれている生徒さん本人かもしれません。あるいは、生徒さんの家族かもしれません。もしかしたら、その同僚、友人たちかもしれません。

ヨガレッスンに参加している生徒さん本人が笑顔になれば、それが伝染して周囲の人たちも笑顔になれるのです。

あなたも笑顔になったはず

ヨガティーチャーを目指しているあなた。あなたにヨガを伝えてくれた先生も、きっとあなたの役に立ちたい、笑顔になってほしいと願っていたはずです。

そして、先生のその願いは叶ったのでしょう。なぜなら、あなたはその先生のレッスンに通い、ヨガティーチャーになりたいとまで思ったのですから。

「私もヨガティーチャーになりたい」

あなたが先生にそう告げたとき、先生はどんなに喜んだことでしょう。ハッピーチェーンがひとつできあがった瞬間です。

ぜひその先生から受け取った笑顔の繋がりを、こんどは将来のあなたの生徒さんに届けてあげられるような、そんなヨガティーチャーになっていただければと思います。それが、あなたにヨガの楽しさや素晴らしさを教えてくれた先生への恩返しでもあります。

ヨガティーチャーという仕事

ヨガティーチャーが実際に行なうことは、ヨガを伝えること。でもそこで完結するのではなく、その先があることをいつも意識できるそんなヨガティーチャーになっていただけたら嬉しいです。

ヨガティーチャーの仕事は、ヨガを伝えることを通して生徒さんのお役に立ち、生徒さんの人生をより良くして、そして笑顔になっていただくことです。そうすれば、生徒さんの周囲の人たちにも笑顔が溢れ、ハッピーが循環します。

そんなヨガレッスンには、だんだんと人が集まるようになり、さらにハッピーのチェーンが広がっていきます。その広がりは、ヨガティーチャーという仕事が順調に発展することに加えて、生徒さんとそしてあなた自身の人生に彩りと豊かさをもたらしてくれます。

ヨガティーチャーは素晴らしい仕事ですね。

まとめ

ヨガティーチャーはヨガを伝えることで生徒さんやその周囲に笑顔をもたらす仕事です。そうすることでヨガティーチャー自身の人生にも笑顔が溢れ、彩りと豊かさをもたらします。さぁ、あなたの将来の生徒さんのために、素敵な笑顔をもたらせるヨガティーチャーを目指しましょう。

 

お知らせ:2019年4月プログラム受け付け中(RYT200)

ハワイのオアフ島(カネオヘ地区)で開催となる2019年度4月RYT200プログラム(4月2日〜24日)は現在お申し込み受け付け中です。下記ページよりお申し込みいただけます。

RYT200プログラム受講お申し込みページ

 

関連記事

  1. ヨガを伝えることを仕事にしたい。でもその選択が正しいのか不安を感じるな…

  2. 生徒さんにとってのヨガレッスン、ヨガティーチャーにとってのヨガレッスン…

  3. ヨガティーチャーになるなら、絶対知っておきたい仕事の性質と責任

  4. 人気のヨガティーチャーになることを夢見つつも、不安で一歩が踏み出せない…

  5. 選ばれるヨガティーチャーになるために、ヨガ指導法とあわせて取り組むべき…

  6. ヨガが大好き。その気持だけでヨガティーチャーには、なれる?

最近の記事 おすすめ記事

ブログ購読(更新情報)

メール登録するとブログ更新がメールで届きます。

ご感想一覧
メールマガジン