私らしく私にしかできないレッスンを届けたい。それを叶えるには

「私にしかできないレッスンを届けたい」
「私らしいレッスンってどんなレッスンだろうか」
「今日もこのレッスンに来てよかった。そう思いながら帰ってほしい」

今回はそう思ってヨガティーチャーを目指しているヨギーニにお届けします。ぜひこの記事を読んで、あなたにしかできない、あなたらしい、そしてクオリティーの高いレッスンを生徒さんに届けてあげてください。

あなたにしかできないレッスン

あなたのレッスンが好きだからと、たくさんの生徒さんが集まってくれる。これは理想ですよね。あなたらしいレッスン、あなたにしかできないレッスン。ヨガティーチャーを目指すなら、そういったレッスンができるようになりたいものです。

ヨガティーチャーはヨガを伝えることが仕事。しかしまた、ヨガレッスンを創造するクリエイターであるともいえます。あなただけのレッスンをクリエイトする。それがヨガティーチャーの役割でもあります。

もちろんヨガの指導は、ヨガの原理原則や基本に則り行なうことが大切です。その部分はしっかり守る必要があります。しかし、ヨガレッスン自体をどのように創り上げるか。それはヨガティーチャーの裁量です。

たとえば、絵を描くことが得意なら生徒さんと一緒に楽しく絵を描く時間を取ってみる。歌が得意なら一緒に歌うこともありです。そうしたあなた独自のスタイルを組み込めば、それは、あなたにしかできないヨガクラスになります(これはあくまで一例です)。

あなたのレッスンを受けた生徒さんが、どんなレッスンだったと思って帰ってもらいたいか。ぜひそれをじっくりと考えて、そこへつながるあなたらしさを創造してください。

基本が大切

ただ、そのあなたらしいレッスンも、ヨガ指導の基本がしっかりとできていなければ安定して生徒さんに届けることができません。上でも伝えましたが、ヨガの原理原則や基本に従うことが大切です。

基本がしっかりできていない状態は、不安定な土台の上に立てた建物のようなもの。ぐらついたり、傾いたりしてしまうかもしれません。あるときはうまくいっても、あるときはうまくいかない。そんな安定性を欠いたレッスンになってしまいます。

生徒さんに、ヨガをきちんとお伝えするために、基礎・基本をしっかりマスターしましょう。基本というのは、ともすれば退屈に感じます。「すでに知ってる、もう習った」そう感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし、そこをしっかりやってこそ、その上に好きな形の「あなたらしい」建物を建てることができます。しっかりした土台があっての建物。しっかりした基礎があっての応用です。基本がしっかりとマスターできた後に、あなたのレッスンをあなたらしさで磨いていけばいいのです。そうすることで、安定したあなたらしい、他にはないレッスンが出来上がっていきます。

基本は真似で

基本をしっかり学ぶためのユニークな方法のひとつに、先生の真似をする、というものがあります。TTC(ティーチャートレーニングコース)における、レッスンの進行のしかた、指導のしかた、声の出し方、キューイング、アジャストのしかた、そういったものをできる限り真似してみましょう。

指導法に限らず、話し方、動作、仕草までも含めて、できる限りです。レッスン中の先生に相当集中してないと真似はできませんね。だから、それだけ真剣にレッスンを受けることになります。そして、先生がどうしてそのような指導のしかたをするのか、どうしてそのような動作をするのかが、真似をすることで理解できます。

また、レッスン後の自学習でも先生の真似をしましょう。TTCの自学習では予習よりも復習に重きをおくことが大切です。真似をするということは、その復習を徹底的に行なうということです。こうして徐々に基本が固まっていくのです。

そして、その上にあなたならではのクラスをクリエイトしていけばいいのです。すると、それが好きだと感じる生徒さんが集まってくれます。

まとめ

ヨガレッスンを行なうには基本がしっかりとできていることが前提です。基本がしっかりした後に、あなたらしさを発揮し、あなたにしかできないヨガレッスンを創造すれば、それを良しとする生徒さんが集まってくれます。

「どんなレッスンだったと思って帰ってもらいたいか」

毎回これを考えてレッスンをクリエイトしましょう。

そして、基本をマスターするために「ここだ」と決めたスクールの「この人だ」と思えるティーチャーのTTCを受け、真似をしながら学ぶのもひとつの方法です。

 

お知らせ:2019年4月RYT200 先行予約スタート

2019年度4月のRYT200プログラムの先行予約の受け付けをスタートいたしました。先行ご予約され、4月のRYT200プログラムにご参加いただいた方に、特典と素敵なプレゼントをご用意させていただきました。詳細は下記ページをご覧ください。

2019年4月RYT200プログラム先行予約の詳細

 

関連記事

  1. ヨガティーチャーを目指すなら知っておきたい、ヨガビジネスの大切なポイン…

  2. 理想のヨガティーチャーへと向かうためのメソッド。それはイメージすること…

  3. 競争は不要。理想のヨガティーチャー像を目指しベストを尽くす

  4. 心穏やかなあなたでいるために、人生をより豊かにするヨガの叡智を

  5. ヨガティーチャーの宝物のひとつ。それはTTCでのきずな

  6. ポジティブなヨガティーチャーでいるための2つの秘訣

最近の記事 おすすめ記事

メール登録するとブログ更新がメールで届きます。

ご感想一覧
メールマガジン