TTCテキストはヨガティーチャーのパートナー。その有効活用法

TTCのテキスト、コース修了後は用済みになる?

なんて思っていませんか。それではもったいなさすぎです。テキストは知識の宝庫です。TTCで学びながら、あなただけのテキストに進化させましょう。今回はそんなTTCのテキストについてのおはなしです。ヨガティーチャーを目指しているあなた、ぜひこの記事を参考にして、テキストを有効に活用してください。

テキストはパートナー

ヨガのTTC(ティーチャートレーニングコース)ではテキストを使うのが通常です。オリジナルのテキストが配布されることもあるでしょうし、あるいは市販の書籍だったり、また配布資料などが使われることもあるでしょう。

TTCで使うテキストは、近い将来あなたがヨガティーチャーとして活動するときに、ガイド役となってくれる大切なパートナーです。

TTCで学んでいるときには、新しいことを教えてくれる知識の宝庫として。そしてヨガティーチャーになった後は、あなたへのアドバイス役として寄り添ってくれるパートナーとして存在してくれます。

TTCの受講期間中には、先生からの指導やアドバイス、自分で気づいたこと、学んだことなどをどんどんメモとして書き込みましょう。それは、あなたのテキストを、あなただけにマッチしたパートナーに育てる作業です。カスタマイズし、パワーアップしていく作業といえます。

見直すことで新たな学びが

テキストはあなたのパートナーですから、TTCを修了して実際にヨガティーチャーとして活動をスタートした後も、都度そのテキストを見直すことをお薦めします。TTCで学んだ内容の復習として役立ちますし、あなたが実際に生徒さんの前に立つときにも役立ってくれます。

惰性とまではいいませんが、いつのまにかルーティーン化してしまったことにも、実はとても大切な意味があったんだ。そんなことを思い出させてくれるかもしれません。テキストを見直すことには、そうした初心に戻れるというメリットもあります。

また、期間をおいて見直すことで新たな学びを得ることもできます。近い将来、あなたはヨガティーチャーとしての経験を積み、様々なスキルや知識を身につけていくことでしょう。そうした経験やスキルを得たのちにテキストを見直してみると、以前は感じることのできなかった新たな学びを、そこに発見することがあります。

あなたのレベルがアップしていれば、そのレベルに合わせてテキストがまた新たなことを教えてくれます。それは活字になった文章からかもしれないし、あなたがかつて自分の手で書き込んだメモからかもしれません。

そこで得た新たな学びをあなたのヨガクラスにフィードバックする。そして期間をおいでまた見直し、また新たな学びを得る。そんなふうにして、ずっとあなたのそばでガイド役となってくれるのがテキストです。

ぜひ、テキストを大切にし、末永く使ってあげてください。

まとめ

TTCのテキストはヨガティーチャーのパートナーです。TTC受講期間中にどんどん書き込んであなただけのテキストに育てていきましょう。

TTC終了後も定期的にテキストを見直す時間を取ることをお薦めします。自分がレベルアップしたからこそわかる、新たな学びがそこから得られることもあります。それをあなたのヨガクラスに反映させて、生徒さんのためにレッスンをより良いものへと常に進化させていってください。

 

お知らせ:説明会(RYT200プログラム)11/23 アキ校長登壇

全米ヨガアライアンスのRYT200に登録ができるRYT200プログラム(ヨガリトリート)の説明会を東京都渋谷区にて開催いたします。今回の説明会には当アカデミーのアキ校長が登壇することが決定しました。ハワイでのヨガ留学にご興味のある方、RYT200の取得を目指している方、ぜひご参加くださいませ。
日時は2018年11月23日(金:勤労感謝の日)10:00です。

RYT200プログラム説明会の詳細(2018年11月23日)

 

関連記事

  1. 人気のヨガティーチャーになることを夢見つつも、不安で一歩が踏み出せない…

  2. 願いを叶えるもっとも確実な方法、それは行動です

  3. 選ばれるヨガティーチャーになるために、ヨガ指導法とあわせて取り組むべき…

  4. 集客の不安への対処とヨガビジネス3つのアドバイス。ヨガインストラクター…

  5. 意識を少しだけ変えて、ヨガに取り組む時間をつくりだす方法。そしてあなた…

  6. ヨガが大好き。その気持だけでヨガティーチャーには、なれる?

RYT200プログラム説明会(11/23)
最近の記事 おすすめ記事
  1. アキ・タニダ・ソラーノ校長

メール登録するとブログ更新がメールで届きます。

ご感想一覧
メールマガジン