マタニティヨガのセッションの様子をご紹介(RYT200プログラム)

怪我をしない、させないヨガ

残念なことに、無理なポーズの指導を受けたり、自ら実践したりしてヨガで怪我をしてしまう人がいます。ハワイ生まれのプラーナチャクラヨガでは「ヨガで怪我をしない、させない」が、もっとも大切な考え方のひとつ。「ヨガをする方の安全」を第一に考え、個々人の呼吸にあわせてヨガのポーズをつくっていきます。だから妊婦さんにも有効なんですね。

先日、RYT200プログラムにおいてマタニティーヨガのセッションが行なわれました。

受講された皆さんからこんな声をいただきました。

  • 「マタニティーヨガを指導するのが楽しみ」
  • 「プラーナチャクラヨガは体だけではなく心にも作用するヨガ」
  • 「まるで、心と体のワークショップを受けているよう」

そのときの様子を、受講生の皆さんがブログに綴ってくださっています。ぜひご覧ください。

アキ校長のマタニティヨガクラスを受けて

当アカデミーのアキ校長はマタニティーヨガレッスンを米国コロラド州にて開催しています。その生徒さんである高嶺 結さんのご感想を、ここでご紹介させていただきます。

コロラドにてアキ校長のマタニティヨガを受けられた高嶺 結さん

マタニティーヨガを受けて良かったことを教えてください

呼吸を通して自分と向き合う練習ができ、心のコントロールができるようになったこと。ヨガを通して心身ともにリフレッシュができたこと。

体のどの部分が楽になりましたか

腰と肩。また、じんわり汗をかくことで、運動好きな私としては心もリフレッシュすることができました。

妊娠5ヶ月以降に効果的だと思うポーズは

お腹が重たくなるにつれてやなり腰や背中に負担がかかってくるので、腰まわりだけを意識できるシンプルなヨガのポーズは効果的だと思います。

出産時にどのようにヨガが役に立つと思いますか

呼吸法によって自分の心をある程度コントロールできること。

RYT200受講中のみなさんにひとことお願いします

私のように運動好きの妊婦さんはたくさんいらっしゃると思うので、こういったクラスを待っている方も世の中にたくさんいらっしゃるのではと思います。私はこちらのマタニティクラスで初めてヨガに出会いましたが、第一子の時と合わせてリピート受講してしまうほど大好きです。これからもぜひ、自信をもって多くの妊婦さんへヨガを届けていってほしいです。

10月プログラムにご参加された皆さんのブログです

応援よろしくお願いします♪


お知らせ:次回のRYT200プログラムは2018年10月を予定しています

次回のRYT200プログラムは2018年10月1日〜23日の予定で企画をすすめております。正式に決定いたしましたら、公式サイト公式ブログメールマガジンなどでお知らせをさせていただきます。

ご参加された方からいただいたご感想をぜひご覧ください。

ご参加された方の感想

関連記事

  1. ヨガビジネスを長く存続させる、たったひとつの指針

  2. 海外へヨガ留学に行くあなたへ、保険に関するアドバイス

  3. アキ・タニダ・ソラーノ校長

    自信をつける2つのポイント。少しの背伸びと、自分との約束を守る

  4. RYT200プログラムご参加中の梅谷 奈見さんのブログをご紹介

  5. 帰国後に開催するヨガレッスンの告知をスタートされました

  6. 何語で習うか。ヨガ留学選びは「言語」も大切なポイント

最近の記事 おすすめ記事
  1. アキ・タニダ・ソラーノ校長

メール登録するとブログ更新がメールで届きます。

ご感想一覧
メールマガジン