ヨガビジネスはじめの一歩。ヨガインストラクターになる前でもビジネスの基盤づくりは可能です

「『ヨガビジネス』を最近よく耳にするけど、具体的になにをするの」
「資格を取っただけで生徒さんは来ない。それは理解できる。そうなら仕事としてどう取り組むか知りたい」
「ヨガをどうやって仕事にしたらいいの」

このような不安や疑問をお持ちなら、ぜひこの記事を参考にしてヨガビジネスの第一歩を踏み出してみてください。あなたのヨガレッスンの骨格をつくるための練習です。ぜひ楽しみながらトライしてみましょう。

ティーチャートレーニング中からビジネスマインドを

ヨガティーチャーを目指しているあなた。ぜひヨガビジネスのことも、いまから考えていきましょう。

ヨガビジネスとは、ヨガに関するビジネス。つまりヨガを仕事ととらえ、どう展開していくかを考えることです。もっと簡単にいうとヨガティーチャーやヨガインストラクターが、

  • どうやってより多くの生徒さんにいらしていただけるか
  • どうやってリピートをよりしていただけるか

などを考えることです。

残念ながら、ティーチャートレーニング(TT)を修了さえすればすぐに生徒さんがたくさん集まってくれるということは、ありません。そこにはビジネスとしての取り組みが必要となります。だからこそ、ヨガティーチャーを目指し、TTを検討している段階から、ヨガビジネスのこともぜひ意識しておいてほしいのです。

TTにおいて、ヨガの知識や技術を習得するためのトレーニングを終えたとき。

「ヨガを伝えられるようになった。で、私は次に何をすればいいの?」

と、迷うことのないように。

実際にやってみよう

では、ひとつ練習をしてみましょう。ヨガレッスンの骨格をつくる練習です。さあペンとノートを用意して、そして想像してください。

  • あなたは、どんな生徒さんにヨガを伝えたいですか?
  • どんな生徒さんと一緒にヨガをしたいですか?

これをノートに書き留めてみてください。次に、

  • あなたはどんなヨガを伝えたいですか?
  • あなたがお伝えするヨガのテーマは何ですか?

これもノートに書き留めてみましょう。次に、これも書いてください。

  • あなたはどんな場所でヨガを伝えたいですか?
  • スタジオを借りて?
  • 借りるとしたら場所はどのあたり?
  • あるいはビーチやパークで?

では、どんなスタイルでヨガをお伝えしたいですか?

  • キッズ、マタニティー?
  • 出張スタイル?
  • マンツーマン?
  • ツールは使う?

など、これも書いてください。

さて、ここでしたことは何かというと、レッスンを企画するための情報を整理しました。といいますか、これ自体がレッスンの企画づくりそのものの作業です。

  • 誰に
  • 何を
  • どこで
  • どのように

上の練習では、これらを考えたわけです。あとは、

  • いつ
  • なぜ(目的)
  • いくらで(参加費)

が加われば5W1Hとなり、レッスンの形ができます。そうなれば、あとは実行するだけの段階となるわけです。いまからこのように、自分のレッスンを企画する練習を重ねるといいですね。

もちろん、ティーチャートレーニングを通じてヨガを深く学ぶ過程で、上で考えたことは変わっていくでしょう。それでもいいのです。いまは練習ですから。

いま持っている知識や技術の範囲内でぜひこの練習をしてみましょう。

まとめ

ヨガティーチャーにはビジネスの知識も必要です。ですから、ティーチャートレーニングを受ける前や、受けている段階からビジネスに関することも考えていきましょう。

まずは5W1Hでレッスンの企画をつくる練習をしてみてください。それが実際そのままあなたのレッスンへと繋がっていくかもしれません。楽しみながら、いろんなパターンをつくってみましょう。

参考

当ヨガ ヒーラー アカデミー ハワイが主催するRYT200プログラムではヨガビジネスに関するセッションも充実しています。卒業生さんのほとんどが帰国後に即デビューされます。

ヨガとビジネスを開く

 

お知らせ:説明会(RYT200プログラム)11/23 アキ校長登壇

全米ヨガアライアンスのRYT200に登録ができるRYT200プログラム(ヨガリトリート)の説明会を東京都渋谷区にて開催いたします。今回の説明会には当アカデミーのアキ校長が登壇することが決定しました。ハワイでのヨガ留学にご興味のある方、RYT200の取得を目指している方、ぜひご参加くださいませ。
日時は2018年11月23日(金:勤労感謝の日)10:00です。

RYT200プログラム説明会の詳細(2018年11月23日)

 

関連記事

  1. ヨガインストラクターを目指すあなたに知っておいてほしい2つの柱

  2. ヨガの資格を書き連ねるだけでいいの?ヨガインストラクターのプロフィール…

  3. 集客の不安への対処とヨガビジネス3つのアドバイス。ヨガインストラクター…

  4. ヨガティーチャーを目指して、いまからできる情報発信の準備

RYT200プログラム説明会(11/23)
最近の記事 おすすめ記事

メール登録するとブログ更新がメールで届きます。

ご感想一覧
メールマガジン