ヨガティーチャーになるなら、絶対知っておきたい仕事の性質と責任

「ヨガティーチャーは身ひとつでできるから、他の仕事に比べて楽にできるかも」
「フリーランスなら、自分の思う通りにできるから楽しそう」

たしかにヨガティーチャーやヨガインストラクターという仕事にはそのような面もあるかもしれません。しかし、身ひとつでできるからこそしっかりとおさえなければならないポイントがあり、責任もあります。

ヨガティーチャーになったあとに気づくより、なる前からそのことを意識できれば、スタートでつまづくことはないでしょう。今回はそんなポイントをお伝えします。

ぜひ、ヨガティーチャーになる前から心に刻み、生徒さんとの約束を守り、生徒さんへの責任をしっかりと果たせるヨガティーチャーになってくださいね。

ヨガティーチャーという仕事の性質

ヨガティーチャーとは、マットやウェアなどがあれば、基本的にカラダひとつでできる仕事です。もっというと、専用のマットやウェアがなくたって、やろうと思えばできるものです。

つまり、本当に身ひとつでできる仕事といっても過言ではありません。そして、フリーランスであれば自分のやりたいレッスンをやりたいようにできるメリットがあります。

これだけ聞くと、なんだか気楽な仕事にも思えますが・・・、でも、逆にいえばあなたがカラダを動かさない限り何も起きません。あなたが動かなければ、仕事が発生しないし成立もしないのです。そして仕事上の責任を全て自分で負うのもフリーランスです。

何十人という生徒さんがあなたのレッスンを楽しみに待ってくれている。だから、

  • やるといったらなんとしてもやる
  • 行くといったらなんとしても行く

そういうスタイルの仕事なのです(もちろん例外は存在しますが)。

大切な自己管理

ヨガティーチャーは原則として自己都合で休むことができない仕事です。フリーであればなおさらです。それが組織で動いている企業などとは大きく違う点です。もちろん代行というシステムは取れます。しかしレッスンを休めば、その分あなたの収入は減ります。

  • 風邪を引いたから休みます
  • インフルエンザだから休みます
  • ケガをしたから休みます


そうしたときに運良く代行をお願いできたとしても、そして生徒さんもそれに納得してくれたとしても、それでもあなたの収入が休んだ分だけ減ることは事実です。会社員のように有給休暇はありません。それが、フリーランスという仕事です。

だから、見込んだ収入を得るために、健康管理、体調管理をしっかりとする必要があります。生徒さんとの約束を守るため、そして収入を確保するためです。ですから、自己管理も仕事のうちなのです。

生徒さんと約束したレッスンを、生徒さんの期待どおりに提供する。それがプロのヨガティーチャー、プロのヨガインストラクターです。

ぜひ、ヨガティーチャーを目指すあなたは、このことを認識しておきましょう。

まとめ

ヨガティーチャーはカラダひとつでできる仕事です。まさにカラダが資本の仕事です。また自分が動かなければ仕事が成立しないということでもあります。だからこそ、健康面などの自己管理が大切であり、それが仕事の一部でもあるのです。

あなたがいつも良いコンディションでいられることが、生徒さんのためであり、ヨガティーチャーを続けていくためでもあるのです。ぜひ、心身の健康面に気を配り、ヨガティーチャーの道を歩み続けてください。

 

お知らせ:2019年4月プログラム受け付け中(RYT200)

ハワイのオアフ島(カネオヘ地区)で開催となる2019年度4月RYT200プログラム(4月2日〜24日)は現在お申し込み受け付け中です。下記ページよりお申し込みいただけます。

RYT200プログラム受講お申し込みページ

 

関連記事

  1. 「ヨガの先生は車椅子 ~障害があってもヨガはできる~」卒業生久実さんの…

  2. 学びの記録を発信。ヨガティーチャーであるあなたを知ってもらう有効な手段…

  3. 生徒さんにとってのヨガレッスン、ヨガティーチャーにとってのヨガレッスン…

  4. ポジティブなヨガティーチャーでいるための2つの秘訣

  5. 人気のヨガティーチャーになることを夢見つつも、不安で一歩が踏み出せない…

  6. 意識を少しだけ変えて、ヨガに取り組む時間をつくりだす方法。そしてあなた…

最近の記事 おすすめ記事

ブログ購読(更新情報)

メール登録するとブログ更新がメールで届きます。

ご感想一覧
メールマガジン