ヨガインストラクターを目指すあなたに知っておいてほしい2つの柱

「ヨガの資格ってどんなもの」
「どの資格を取れば生徒さんは集まってくれるの」
「ヨガインストラクターの資格を取ってヨガの仕事をするには」

ヨガインストラクターとして、どの資格を取れば生徒さんが集まってくれるのか、迷うところかもしれませんね。しかし、ヨガを仕事としていくには、もっと本質的なことをおさえておく必要があります。この記事でその本質を知り、ぜひ将来生徒さんに選んでいただけるヨガインストラクターを目指しましょう。

だれでもヨガインストラクターになれる

ヨガインストラクターには免許はありません。医師免許や、弁護士資格のように、その職業につくために試験を受けて誰かの許しを得る必要はありません。ですから、あなたがヨガインストラクターを名乗った瞬間からなれるのです。

では、なぜヨガの資格が存在しているのでしょうか。ヨガの場合は実はすべて民間の資格です。任意団体や、ヨガスクールが独自に認定しているものです。そうした資格の存在意義は、ヨガの指導力の客観的な目安とすることです。

この資格を持っているということは、ヨガ指導力のレベルはこのぐらいだね

ということが客観的に判断できますから、ヨガインストラクターを選ぶ際の目安になるということです。それがヨガの資格の存在意義です。

ヨガインストラクターでい続けることもできる

そして、ヨガインストラクターは、たとえ生徒さんがいなくても、レッスンをする機会がまったくなかったとしても、それでもヨガインストラクターでい続けることができます。つまり「ヨガインストラクターをやめます」と宣言しない限り、ずっとヨガインストラクターです。

でも、あなたが目指すヨガインストラクターは、生徒さんがいない、まったく指導もしない、いわゆるペーパードライバー的なインストラクターでは、きっとないはずです。

素敵な生徒さんに囲まれて、生徒さんと一緒にヨガの時間を楽しんで、生徒さんに喜んでいただいて、生徒さんもあなたも双方が笑顔。そのことがあなたの幸せであり、やりがい。その上で利益も得て仕事として成立している。

そんなヨガインストラクターを目指す方が多いのではないでしょうか。では、そうしたヨガインストラクターでいるためには何が必要なのでしょう。

ヨガインストラクターのふたつの柱

そのために必要なことがふたつあります。それは、

(1)生徒さんが求めるクオリティーの高いヨガレッスンを提供すること
(2)生徒さんにいらしていただくための働きかけをし、実際にいらしていただくこと

です。これがふたつの柱であり、どちらが欠けてもヨガインストラクターとして利益を得ながら仕事を続けることは難しいでしょう。

(1)はアーサナ指導のクオリティーもそうですが、素敵な時間を過ごしていただいて「あー今日も来てよかった」と満足をしていただけるクラスを提供するということです。これがしっかりとできていれば、リピートしてくれる生徒さんが増えます。

そして(2)はヨガビジネスと呼ばれる分野です。(1)と(2)は互いに関連しながら支え合い、絡み合って存在しています。

たとえば、(1)ができていれば、生徒さんはリピートしてくれます。レッスンを気に入ってくれていれば、友だちや家族、大切な人にも紹介してくれる可能性があります。

紹介でいらしていただいた方がまたレッスンを気に入ってくれて、リピートしてくれる。そしてまた友だちを紹介してくれるという流れができます。こうして、生徒さんが増えていきます。それは(1)がしっかりできていることが前提です。

そして(2)がそこへはじめての生徒さんを連れてきてくれます。たとえば、体験レッスンのネット告知やチラシによる宣伝といった活動によって。

このように(1)と(2)はヨガを仕事として健全に回すためには欠かせないものなのです。

だから、もし今からTTを選ぶのであれば、(1)だけではなく、(2)のヨガを仕事としてどう成立させるかというヨガビジネスの部分も、しっかりと教えてくれるTTを選ぶのが賢明な選択といえますね。そこをポイントに探してもいいかもしれません。

まとめ

ヨガインストラクターの資格はヨガ指導力の客観的な目安ではありますが、それを取得したからといって生徒さんが来てくれるわけではありません。

クオリティーの高いヨガ指導、満足できるヨガレッスンと、そしてヨガビジネスの実践があってはじめてビジネスとして回りだします。

つまり、レッスンのクオリティーとヨガビジネスの知識はヨガインストラクターにとって仕事を進めていく上で必要不可欠なものです。

そのことを知っているヨガインストラクターと、知らないヨガインストラクターでは、ビジネスの発展に大きな差ができてしまうこともありえます。

両方をバランスよく学べるTT(ヨガティーチャートレーニング)を選ぶことも、将来生徒さんに選ばれるヨガインストラクターになるためのポイントなのかも知れません。

参考:「ヨガとビジネス」が充実

当アカデミーのRYT200プログラムでは

(1)生徒さんが求めるクオリティーの高いヨガレッスンを提供すること
(2)生徒さんにいらしていただくための働きかけをし、実際にいらしていただくこと

が大切な2つの柱だととらえ、(2)の「ヨガとビジネス」の分野にも力を入れています。ぜひ下のページをご参照ください。

カリキュラム説明のページを開く

 

お知らせ:RYT300プログラム受け付けスタート

沖縄で開催のRYT300プログラム(2019年11月16日〜)の受け付けが正式にスタートしました。公式サイトもオープン。他のスクールとは一線を画した当アカデミーのRYT300プログラム。ぜひサイトをご覧ください。

ヨガヒラRYT300プログラム公式サイト 

関連記事

  1. ヨガの資格を書き連ねるだけでいいの?ヨガインストラクターのプロフィール…

  2. 生徒さんにとってのヨガレッスン、ヨガティーチャーにとってのヨガレッスン…

  3. ヨガビジネスはじめの一歩。ヨガインストラクターになる前でもビジネスの基…

  4. ヨガインストラクターの立場とは?生徒さんとの関係づくりのポイントはビジ…

  5. ヨガティーチャーを目指して、いまからできる情報発信の準備

  6. 集客の不安への対処とヨガビジネス3つのアドバイス。ヨガインストラクター…

最近の記事 おすすめ記事

ブログ購読(更新情報)

メール登録するとブログ更新がメールで届きます。

ご感想一覧
メールマガジン